校長 黒瀬陽平からの宣誓文

前衛」の饒舌、「再設定」の一撃

 いわゆる「千円札裁判」の発端となった前衛美術家・赤瀬川原平の作品《復讐の形態学》(1963年)には、「殺す前に相手をよく見る」という謎めいたサブタイトルがつけられている。「資本主義リアリズム」を標榜し、千円札を拡大して精巧に模写をしたこの作品が、「偽物」でも「本物」でもなく、千円札の「模型」なのだと語った赤瀬川の主張は、このサブタイトルにこそ要約されている。

 ゲンロン カオス*ラウンジ新芸術校第一期は、「前衛の再設定」というテーマのもとスタートした。前衛がもはや、「炎上」というお手軽なスキャンダリズムと見分けがつかなくなり、アーティストといえば、不謹慎な一発ネタでネットのお騒がせものになるか、自らのナイーブな内面に閉じこもって「自己表現」を垂れ流す存在としか見られなくなった現代において、「前衛の再設定」とは、「相手をよく見る」ことからしか始まらないのではないか。そんな思いがあった。

 もちろん「前衛」の定義は様々だろう。その語の定義上、時代によっても、立場によっても多様に変わりうる。この一年、主任講師として私なりの定義は「講義」として語ってきたつもりである。しかし、この新芸術校という場で、そして成果展という展覧会において重要なのは、まさにいまここで、アーティストたちの手によって「再設定」が着々と進められている、ということなのだ。

 アーティストは、芸術を、社会を、政治を、概念を、感情を、自らの作品と言葉によって「再設定」してよい。いやむしろ、手持ちの表現手段のすべてを総動員して「再設定」しない限り、アーティストという存在に居場所は用意されていない。軍事用語としての「前衛」に準ずるなら、彼ら彼女らは、それぞれの「再設定」によってはじめて、自らの「戦場」を見出すのである。

 新芸術校では一年間、そのようなトライアルを繰り返してきた。この一年間、作品を制作することはもちろん、講師も受講生も、とにかく言葉を発し、議論を重ねてきた。交わされた言葉の数も、書かれた言葉の数も、標準的な美術教育におけるそれを遥かに上回っているはずだ。作品をつくり続けながら、文字通り言葉を尽くすこと、それこそが「前衛の再設定」を可能にする。

 ここに並んでいるのは、そんなプロセスのなかで「相手をよく見る」観察者、批判者であろうとするアーティストたちの姿であり、世界に対して果敢に「再設定」を試みようとする饒舌な作品たちである。そしてそれは、それぞれが自らの「戦場」のなかで初めて発した「先制第一撃」なのだ。

黒瀬陽平

受講生から

 奇妙なことに、経歴も年齢も幅広い人たちがこの学校を選んだ。そして一年間の授業で、各分野の第一線で活躍する講師たちの難題に応えては、多方面からの批評を受けてきた。こんな集団が他にいるだろうか。プレイヤーとしての私には、生徒達は全員敵だった(言ってみれば講師もだ)。だからこそ会場には相当面白いものが並ぶと確信している。私たちはSNSのタイムラインよろしく流れてしまうようなものではなく、各々が新たな足掛かりをつくるだろう。生で見て、その一撃をくらってほしい。

 

内山智恵/受講生